読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙は究極のフリーランチ

マネジメント / 意思決定 / プログラミング

スキルについて: 領域に対するポータビリティ/時間に対するポータビリティ

「ポータビリティスキル」と言う概念がある。

一言で言うと「ポータビリティがあるスキル」というのは「転職しても使えるスキル」という意味らしい。

  • 例えば、「ある決済権限者Aさんを説得する技術」はポータビリティが無いスキルである。(余談: しかし! このようなスキルが役に立つケースは実際あるのだ! )
  • 一方、例えば「Ruby on Rialsを使って安全で高速なWebアプリケーションを作るスキル」は「Webアプリケーションを作る」という領域(ドメイン)に属する会社内であればすぐに役立つスキルと言える。ポータビリティがあるスキルである。

このように、特定の領域内で広く使える(結果として、転職しても使える)スキルの事を、「領域に対するポータビリティを持ったスキル」と呼ぼう。

さて、このポータビリティという概念だが、時間軸に対しても適用できるのでは無いだろうか?

時間に対するポータビリティを持ったスキル。つまり、長い時を経ても通用するスキルである。

例えば、こういうのがそうだろう。

時間に対してのポータビリティを持ったスキルと、今すぐ役に立つスキル、バランス良く身につけていきたいものである。


ところで、領域に対しても時間に対しても非常に強いポータビリティを持ったスキルがある。それは「現実をモデルに落としこむ(モデリングを行う)スキル」である。

このスキルはあらゆる問題の解決に役に立つ上に、科学の創世記から現在に至るまで全く陳腐化していない。

この究極のスキルをどうにかして極めたい物である。